上富コラム

上富さんぽ編集部 からのお知らせ

植物のある上富生活vol.2『切り花をおうちに持ち帰ったら!?』

更新日: 2019.10.31

おうちや職場に植物やお花があると、何となく華やかで、明るい気持ちになりませんか?目で見て癒しを感じたり、豊かな気持ちになれたり…。

植物のある風景はストレスを軽減し、癒し効果があると言われています。室内空間に植物があるだけで、心理的効果はもちろん、実際に空気をきれいにしてくれたり、森林浴効果を期待できる場合も!

上原、富ヶ谷エリアには、素敵なお花屋さんがたくさんあります。この、『植物のある上富生活』では、すでに植物を生活に取り入れている人にも、そうではない人にも、より植物を身近に感じていただき、より良い生活のヒントになるようなアイデアをご紹介していきたいと思います。

今回も、代々木八幡駅すぐ近くにあるお花屋さん『FLEUR DE ARLES(フルール・ド・アルル)』のご主人、太田正明さんにご協力いただきました!

今回のテーマは、『切り花をおうちに持ち帰ったら?』

歓迎会や送別会、お誕生日などの記念日にお花をもらったりすることがありますよね。「お花はキレイなのにすぐにダメになってしまうから、嬉しい反面困ってしまう」なんて思ったことはありませんか?キレイなお花はできるだけ長く楽しみたいもの。切り花を長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょう?

太田さん:
「お花屋さんも市場からお花を仕入れたら、まず”水揚げ”というお手入れをするんです。」

水揚げ!?いきなり聞きなれない言葉が出ました…。専門用語でしょうか。

太田さん:
「お花の切り口が乾燥したままだと水分がどんどん失われてしまうだけでなく、水を吸い上げる力も弱ってしまうんです。水揚げというのは、そんなお花を助ける方法です。たっぷり水を補給して吸水力も高まるようにお花を元気にしてあげることができるんですよ。」

■水揚げにもいろいろある!

水揚げと一言に言っても、お花によって適した様々な方法があるのだそうです。どんな方法があるのでしょうか?基本的な水揚げの方法をいくつかご紹介します。

水折り:
茎を水の中に浸したままポキっと折る方法。カーネーションやキク、リンドウ、ナデシコ、マーガレットなどに向いています。

水切り:
茎を水の中に浸したままはさみで切る方法。水折りでうまくいかなかったら水切りをしてみましょう。ガーベラやスイセン、ユリ、ラン、バラ、チューリップなどに向いている方法です。

深水・逆さ水:
水切りをして1時間以上経っても元気にならない葉やお花に試したい方法です。深水は新聞紙で花を包んで深めのバケツなどに入れ、茎の丈の半分以上まで水を注いで一晩おきます。逆さ水は、茎の根元を持って逆さにし、葉の裏側から霧吹きなどで水をたっぷり吹きかけます。葉が湿ったら余分な水を切り、水切りをしてから葉が浸からない程度の量の水に1時間ほどおきます。

深水に向いているのは、バラ、アイリス、クレマチスなど。逆さ水はケイトウやコデマリ、スプレーマムなどに向いています。

根元割り:
主に枝ものに使う方法です。枝ものは手で折って切り口をささくれさせるのが良いのですが、折れないときは切り口に縦にはさみを入れて広げて水に浸すのが根元割りです。ツバキやライラック、ヤエザクラなどに向いています。

湯上げ:
熱湯にさっとつけることで水を吸い上げる力を高める方法です。ヒマワリやデルフィニウム、ミモザアカシア、ライラックなどに向いています。

基本的な方法だけでこんなにあるんですね。なんだか、素人にはハードルが高そうな感じがします。。それにしても、お花に熱湯とは驚き!

太田さん:
「ざっくりですが一つの指針として、ガーベラなどのポピュラーな花や華奢な花は比較的水切りが適していることが多いです。これだけ覚えておくだけでもだいぶ違うと思いますよ。草花は熱湯にさっと浸けてあげると元気になるものが多いです。」

■おうちに切り花を持ち帰ったら?

お花のお手入れをきちんとしようとするととても大変そうに思えますが、基本的にはお水の浸け方の違いが大きいところなんですね。なんとなく、お肌のお手入れの感覚に似ている気がします。保湿力とか、浸透力とか、化粧水をしっかりお肌にしみこませるための工夫のようなものかもしれません。

話がそれました。お花をもらったり買ったりしたら、おうちでまずお水を入れたフラワーベースなどに挿すと誰もが考えるところなのではないでしょうか。その際に気をつけたいポイントなども太田さんに聞いてみました。

太田さん:
「まずお花を持ち帰ったら、すぐに包装紙から出しましょう。お水に浸ける前に、さっと切り口を洗ってあげるのも長持ちさせるポイントです。」

太田さん:
「時間が経ってしまって花が頭をたれてしまってしおれているように見えても、決して枯れているわけではないんです。そういう時は、応急処置として花の種類を気にせず、お湯に浸けてあげる湯上げが効果的ですよ。ほんのひと手間で切り花を元気にしてあげて生き返らせてあげることができるんです。」

お花の切り口を洗うのは、バクテリアを除去する意味があるのだそう。バクテリアが増えてしまうと、お花が傷みやすくなってしまいます。さらに、水は毎日取りかえて清潔に保つことが大切だそうです。

太田さん:
「ガーベラなど、茎がザラザラしているタイプのお花はバクテリアがつきやすいので要注意です!」

日光にあてるのはダメ!

「植物だから陽にあてたほうが元気になるんじゃないかしら?」そんな風に安易に考えがちですが、切り花には逆効果。陽にあててしまうと、みるみる元気がなくなってしまいます。切り花は涼しいところの方が長持ちするのです。

太田さん:
「バラなどは水は深い方が良いのですが、長く楽しむために茎を毎日どんどん切って短くしていくのも良いんです。短くなってきたらショットグラスのようなものに挿したり、最後はお水を入れたお皿に浮かべて楽しむのもおしゃれでおすすめです。」

いろいろあるんですね。ほんの少しお花の取り扱いを知っただけでも、おうちにお花を飾ってみたいと思いました。これからは切り花をもらっても怖くない!できるだけ長くきれいなお花を楽しめそうな気がします。

協力店 FLEUR DE ARLES(フルール・ド・アルル)

Instagram:https://www.instagram.com/fleurdearles/
営業時間: 平日10:00~20:00、土日祝10:00~18:00
住所: 151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-6-7 ベルビーマツヤ 1F
TEL: 03-6407-2187
*日曜日はお休みすることもございます。
*配達などで午前中は閉めていることもあるので、ご来店の際はお電話などでお確かめください。

取材/文:hazuki


上富さんぽ Instagram

麺 うら裏さんのスペシャルな味噌らーめん。
ボリューミーでお酒がのめませんでしたw
大満足!

#代々木上原 #代々木八幡 #代々木公園 #ランチ #上富さんぽ #富ヶ谷 #上原ランチ #富ヶ谷ランチ #上富ランチ #上富さんぽ編集部 #味噌 #味噌ラーメン #yoyogiuehara #misoramen #yoyogihachiman #tomigaya #izakaya #tokyo #tokyofoodie #noodles #ramen #ラーメン #富ヶ谷一丁目通り商店会 #麺うら裏
...

55 0

昨晩のご近所、夜ご飯
「広島鉄板焼き こしんじ」さんへ、

写真は、豚玉(牛すじ)+長芋トッピング

他、鉄板焼きとおつまみ 3種食べて大満足の満腹で、しかもリーズナブル!

広島出身の友人も太鼓判のお店ですー!

#代々木上原 #代々木八幡 #代々木公園 #ディナー #上富さんぽ #富ヶ谷 #上原ディナー #富ヶ谷ディナー #上富ディナー #上富さんぽ編集部 #上富さんぽ編集部ディナーレポート #お好み焼き #広島 #鉄板焼き #Dinner #yoyogiuehara #yoyogihachiman #tomigaya #foodie
...

53 0

上富さんぽ Instagram

麺 うら裏さんのスペシャルな味噌らーめん。
ボリューミーでお酒がのめませんでしたw
大満足!

#代々木上原 #代々木八幡 #代々木公園 #ランチ #上富さんぽ #富ヶ谷 #上原ランチ #富ヶ谷ランチ #上富ランチ #上富さんぽ編集部 #味噌 #味噌ラーメン #yoyogiuehara #misoramen #yoyogihachiman #tomigaya #izakaya #tokyo #tokyofoodie #noodles #ramen #ラーメン #富ヶ谷一丁目通り商店会 #麺うら裏
...

55 0

昨晩のご近所、夜ご飯
「広島鉄板焼き こしんじ」さんへ、

写真は、豚玉(牛すじ)+長芋トッピング

他、鉄板焼きとおつまみ 3種食べて大満足の満腹で、しかもリーズナブル!

広島出身の友人も太鼓判のお店ですー!

#代々木上原 #代々木八幡 #代々木公園 #ディナー #上富さんぽ #富ヶ谷 #上原ディナー #富ヶ谷ディナー #上富ディナー #上富さんぽ編集部 #上富さんぽ編集部ディナーレポート #お好み焼き #広島 #鉄板焼き #Dinner #yoyogiuehara #yoyogihachiman #tomigaya #foodie
...

53 0
本サイトは、調整中です。店舗情報は、随時更新していきます。本サイトについて、気になることや店舗情報の不備など、ございましたらコチラからご報告おねがいします。